>   > 

風呂釜・バランス釜の交換取り付け

風呂釜・バランス釜について

風呂釜・バランス釜とは?

風呂釜はもともと、浴槽に張った水を沸かして使用する追い焚き機能のみの湯沸かし器でした。

バランス釜とは風呂釜の一種で、出湯管から直接お湯はりができるタイプです。

給湯器の普及により、近年見かけることが少なくなりましたが、公営住宅・市営住宅・県営や府営の団地、築年数の古い戸建てなどでは現役でお湯を沸かしています。

乾電池で稼働するタイプなら停電時でもお湯を沸かすことが出来るといったメリットや、お住まいによっては風呂釜が故障した場合に同タイプの製品と交換が義務付けられている場合もあり、まだまだ需要があります。

現在ではシャワーの使用が可能であったり、専用リモコンが使えるなど種類が増えており、利便性が向上した商品も多数開発されています。

風呂釜の交換やガス給湯器への取り替えなどは水猿におまかせください。

風呂釜・バランス釜の種類

密閉式(給気を屋外から取り込み、屋外に排気)

BF式・バランス式風呂釜
(自然給排気)

バランス式風呂釜

浴槽の横に設置し、室内から外に出ている給排気口を使って屋外で給排気を行うため浴室内の空気を使わず浴槽内のお湯を沸かします。

バランスが良く給排気を行い、風雨の影響に起因した不完全燃焼・浴室内での一酸化炭素中毒事故や空気の汚染が発生しにくいという特徴があります。

乾電池を使用して点火するため電力を必要とせず、停電でも使用することができます。

シャワー付き・シャワーの無い湯沸かし専用・直接給湯できる・浴槽に水を張ってお湯を沸かすなど様々な種類がございます。

バランス釜は壁貫通式ガス給湯器への交換がおすすめです。

FF式(強制給排気)

FF式風呂釜

浴室内に設置し、給排気とも屋外で行います。

四角い煙突が壁を突き抜けており、排気は送風機(ファン)により強制的に行います。

排気機能上、住宅環境や天候状況などによる影響をあまり受けず使用できます。

燃焼ファンが搭載されており、AC 100Vの電源が必要となります。

CO2センサーによる不完全燃焼の防止、給湯温度設定や沸き上げ保温、ポンプ循環による浴槽内の湯温の均一化、シャワー利用可、追い焚きと給湯の同時使用可、リモコン付きなら温度設定などを目で見て確認できるなどガス風呂給湯器と同様な機能が搭載されており、安全性と利便性が向上しています。

排気が逆流しやすいCF式ふろがまをお使いでしたら、安全のためFF式への買い替えが推奨されます。

屋外設置(屋外の本体が直接給排気)

RF式
(自然給排気、壁掛型・据置型)

屋外設置・RF式風呂釜

屋外に設置し、屋外にて本体から直接給排気を行うため排気筒は不要です。

給気や排気用のダクトを必要としない自然給気・自然排気方式ですので、効率よく運転します。

目視で簡単に温度調節ができるリモコンには沸き上げブザーやタイマーも搭載。

壁掛型として使用される設置フリータイプはその名の通り設置場所を選びませんので、浴室から離れたところにも取り付けることができます。

据置型は浴槽の近くに壁を隔てて設置し、地面に取り付けます。

半密閉式(給気は室内から取り込み、屋外に排気)

FE式(強制排気式)

FE式風呂釜

屋内に設置し、屋内の空気を給気して燃焼に使用します。

浴室内への設置はできません。

設置フリータイプは取り付け場所を選ばず、浴槽と離れていても使用できます。

排気は送風機(ファン)によって円形の排気筒を通し、強制的に屋外に排気します。

屋内の空気を燃焼に使用するので、必ず換気口が必要です。

一酸化炭素の濃度を検出するCOセンサーの搭載により不完全燃焼が防止されるなど、安全性が向上しています。

浴室内にリモコンを設置すると、温度設定などが簡単に行えます。

使用にはAC100V電源が必要となります。

CF式(自然排気式)

CF式風呂釜

屋内や浴室内に設置されており、屋内の空気を給気して燃焼に使用します。

現在は浴室内の設置は禁止されています。

排気は円筒の排気筒を通して屋外に排出。

機器の直上にバフラーと呼ばれる少し膨らんだ煙突があるのが特徴です。

屋内の空気を燃焼に使用する為、必ず換気口が必要です。

排気筒は軒先を超える高さに設定しなければなりません。

風が強い日など天候によっては排気が逆流する可能性があり、一酸化炭素中毒事故を誘発する恐れがありますので、今お使いの方は煙突部が短いFF式や屋外に設置するRF式タイプの風呂釜や、ガス給湯器に交換が推奨されます。

壁貫通型給湯器について

バランス釜は壁貫通型給湯器への交換がおすすめ

壁貫通型ガス給湯器とは、給排気部分に埋め込む形で設置できるサイズで設計された給湯器です。

給湯器の本体は目立たないので見た目が清潔で、お風呂のお掃除も楽です。

火種を使わず安全性が高く、操作はリモコンを使うので温度調節が正確でお湯はりも簡単。

また、給湯能力は8号と16号、追い焚きあり、追い焚き無し、使い勝手の良いフルオートタイプやガス代が節約できるエコジョーズタイプなど多種多様な商品がございます。

壁貫通型給湯器はメーカーによりホールインワン(リンナイ)・カベピタパックイン(ハウステック)・バスイング(ノーリツ)と異なる名称で発売されています。

基本性能に大きな違いはございませんので、設置現場の状況を調査のうえ、すぐにご用意できる商品をご用意いたします。

壁貫通型ガス給湯器で快適な入浴を

広い専用浴槽の使用が可能

広くまたぎやすい専用浴槽を使用できます

バランス釜は浴槽に隣接して設置するため、狭くて深い窮屈な浴槽しか設置ができませんでした。壁貫通型風呂釜は本体が壁の中に納まりますので、空いたスペースを有効活用して広さが約30~40cmアップした浴槽の設置が可能となり、ゆったりと入浴を楽しむことが出来ます。高さは通常サイズと浅型タイプがあり、浅型タイプは通常より50mm低く設計されているのでお子様や年配の方でも入浴の際に出入りしやすく安全面に配慮されています。また、保温性に優れており浴槽に傷が付きにくく清掃もしやすい特殊樹脂と天然石の微粉末で作られた人口大理石タイプもございます。

操作はリモコン

リモコンがあるから操作が簡単

バランス式風呂釜では、お湯の温度調節はツマミを使って設定していました。壁貫通型ならリモコンのスイッチで操作するので37℃から50℃まで1℃刻みと60℃の15段階で細かく正確に出湯温度の調整をすることができます。また、オートストップつきならお湯はりボタンを押すだけで、37~48℃からお好きな設定温度にて湯船のお湯はりを行い、設定湯量までお湯を溜めると自動でストップ。お好きな時刻で湧きあがりを予約するタイマーも搭載。追い焚きや足し湯もスイッチを押すだけで簡単に行うことが出来ます。

エコジョーズで光熱費節約

高効率なエコジョーズでガス代を節約

壁貫通型ガス給湯器にも人気のエコジョーズタイプがございます。熱効率は95%と非常に高く、排熱ロスはたった5%でほとんどのエネルギーを無駄なく使うことが出来ます。お湯の使用量にも左右されますが、年間で約13,000円もガス代を節約。ガス量が減るのでCO2の排出量も16%ダウンと大幅に削減します。また、専用リモコンにはガス水道の使用量や使用料金が表示されますので、わかりやすく目に見えるエコ生活を送る手助けにもなります。

壁貫通型給湯器の交換工事についての注意点

集合住宅などで、各階の排気先が同じダクトとなっている場合は工事不可となります。

壁貫通型給湯器は専用浴槽が必要ですが、落とし込み・埋め込み方式の場合は設置することができません。

マンションや公営・市営住宅や団地などでは、管理規約によりお取り替えできない場合がございますので、工事の可否を管理会社やオーナー様にご確認ください。

また、壁がもろいなど設置状況によっては交換できない場合もあります。

現地調査を行い施工可能か判断いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

給湯器の「困った」に駆けつけます