>   > 

給湯器を長く使うには

給湯器の耐用年数は10年程ですが、大切に扱えば15年以上使用できることもあります。

買い替え費用は決して安価ではありませんので、できるだけ長く使いたいものですよね。

給湯器の寿命を延ばすための、日常生活のちょっとしたお手入れ方法をご説明します。

給湯器が故障する原因って?

給湯器の寿命を左右する最も大きな要因は、配管の劣化です。

お湯の使用頻度が高い場合や、寒冷地や冬場で冷えた配管を急激に熱する場合などは特に金属疲労が起きやすくなります。

暖房機能付き給湯器は構造が単純な給湯専用タイプと比べて劣化が早くなりますが、これは入浴や家事だけでなく床下暖房や浴室乾燥や食洗機にも温水を送っているからです。

配管になるべく負担をかけないように対策することで給湯器の寿命を延ばすことができます。

給湯器の寿命を延ばす

水を使う時は、水側の水栓を使う

シングルレバー

水とお湯を通す配管は給水管と給湯管で分かれており、給湯器の電源が入っていないときでもお湯側のレバーを開くと冷たい水が給湯管を通って出てきます。

給湯管に冷たい水が通ると、金属と水の温度差により配管の表面に結露が起き、錆びやすくなります。

また、冷たい水を通った給湯管は冷えてしまうので、次にお湯を使った時に金属の温度差がより大きくなり傷みやすくなります。

冷たい水を使う時にはお湯側の水栓は使わず、水側のレバーを開けて使用するようにしましょう。

凍結を防止する

凍結による水漏れ

凍結が起こると、配管が膨張し破裂する可能性があります。

特に本体内部で破裂した場合の修理費用は高額ですので対策が必要です。

給湯器には凍結防止機能がありますので、寒い時期はお湯を使用しない時でも電源を抜かないで下さい。

凍結防止機能は本体と浴槽の循環内だけで水道配管部分には効果がありません。

寝る前に少量の水を流しっぱなしにしておくか、寒冷地の場合は水を抜いて下さい。

配管に断熱材を巻いて凍結を防止

本体外部の配管には断熱材をしっかり巻くことが凍結の防止になりますが、寒冷地では断熱材だけでなく配管用ヒーターの使用がおすすめです。

野良猫が多い地域では、配管カバーを取り付けることで保温材での爪とぎを防止できます。

また、冬場に出張や旅行などで給湯器を長期間使わない場合も、本体下部の給水口に水抜き用バルブが付いていますので水を抜くようにして下さい。

簡単な清掃

排気口からススがでた給湯器

普段はあまり意識しないと思いますが、給湯器にも汚れは溜まります。

排気口や吸気口が塞がった場合、不完全燃焼を起こす可能性があります。

吸排気口の周りには物は置かず、ゴミやホコリが溜まっていれば取り除きましょう。

※本体内部の清掃は危険ですので個人では行わないでください。

浴槽の循環アダプター

循環アダプターは浴槽に取り付けられており、お湯の出入り口となります。

配管内にゴミが入り込まないようにアダプターにフィルターがありますが、このフィルターが目詰まりを起こすとお湯が循環しにくくなります。

回して取り外すことができますので、細かいブラシなどを使い定期的に汚れを落とすようにして下さい。

給湯器の「困った」に駆けつけます