>   > 

ガス給湯器の寿命・交換時期について

最近、給湯器の調子が良くない・・・

故障や寿命のサインが出ている給湯器はいつお湯が出なくなるかわかりません。

給湯器が完全に壊れてから交換となると、お風呂やシャワー、食器洗い、温水式床暖房などに影響がでてしまいます。

故障の症状や寿命を知り、日常生活に支障がでないよう計画的な交換がおすすめです。

給湯器の寿命・耐用年数は?

家庭用ガス給湯器の耐用年数は10年から15年程度となります。

給湯器が故障する主な原因は、経年劣化により配管が錆びて腐食したり、パッキンの劣化や制御基盤の故障などです。

「給湯器の調子が悪い」、「そろそろ壊れそう」、「リモコンの調子が悪い」と感じたら、完全に壊れてお湯が出なくなるその前に交換されることをおすすめします。

こんな症状にご注意を!給湯器交換のサイン

壊れた給湯器
  • 高温設定したのにお湯がぬるい
  • お湯の温度が不安定・温度設定ができない
  • 給湯器の使用中に異音や異臭がする
  • 給湯器から黒い煙やススがでた
  • お風呂の追い焚きができなくなった
  • 足し湯設定をしたのにお湯が増えない
  • お湯が出たりでなかったりする

上記の症状に当てはまった給湯器は、故障のサインであったり寿命を迎える可能性があります。

また、10年以上前の給湯器では部品がすでに製造されていない場合もあるので、修理ができず交換となります。

給湯器の交換時期はいつ?

10年以上使用している給湯器が故障したり不具合が起きた場合、熱効率やメンテナンスの頻度、寿命や今後の故障の心配などの面から交換されることをおすすめします。

メンテナンスをされていない給湯器を使い続けると、不完全燃焼をおこしたり安全装置の故障、ガス漏れや漏電などの危険性もあります。

また、10年以上前の給湯器は製造が終了していることが多く部品の入手が困難となり、修理しようとするとかえって高額になることが多くなります。

10年以上使われている給湯器本体とリモコンどちらかが故障した場合、片方を新品に取り替えても動作しないので基本的に両方を交換することになります。

給湯器が壊れやすい時期は?

冷たい水を急激に温める冬であったり錆や腐食が発生しやすい梅雨は、給湯器に負担がかかりやすく故障や不具合が多い時期となります。

使用頻度や環境にも左右されますが、使い始めてから8年以上経過すると、経年劣化により不具合や故障がおこりやすくなります。

リモコンにエラーコードが表示された場合

給湯器に故障や不具合が起きると、リモコンにエラーコードが表示される場合がございます。

エラーコードが表示された場合、修理や交換、メンテナンスなど適切な処置が必要となります。

リンナイ給湯器のエラーコード一覧

ノーリツ給湯器のエラーコード一覧

リモコンの耐用年数も約10年です。

長年使用したリモコンの電源が入らない、電源がすぐに落ちるといった場合は交換時期の可能性があります。

給湯器の「困った」に駆けつけます