>   > 

ガス給湯器の種類と機能

給湯器にはお湯をためるだけのシンプルなタイプや、自動でお湯はりや追い焚きができるタイプ、床暖房や浴室暖房乾燥や食器洗い機に対応できるタイプなどがあります。

代表的な給湯器の種類と機能をご紹介いたします。

ガス給湯器 給湯機能のみ

お風呂(浴槽、シャワー)や洗面台、キッチンなどに給湯することができます。

オートストップあり:リモコンでお湯の温度と湯量を設定し、湯はりボタンを押してから蛇口を開きます。設定湯量までお湯が溜まるとリモコンが音楽などで知らせてくれ、自動的にお湯の排出がストップします。給湯器の本体で強制的にお湯を止めるので、お湯はりが終わった後は蛇口を閉めてお湯はりボタンを解除する必要があります。

オートストップなし:設定湯量までお湯が溜まるとリモコンからアナウンスがあります。アナウンス後もお湯は出続けるので、蛇口を閉める必要があります。

高温水供給式:リモコンでお湯の温度と湯量を設定し、湯はりボタンを押しお湯はりをします。追い焚き機能はありませんが、お湯が冷めた際は約80℃の高温のお湯を追加(差し湯)することで温度調節が可能です。差し湯をすると湯量が増えるので、残り湯が多いままお湯を温め直すと溢れる恐れがあります。

ガスふろ給湯器 給湯機能と追い焚き機能

お風呂(浴槽、シャワー)や洗面台、キッチンなどの給湯と同時に、お風呂のお湯を沸かすことができます。

自動お湯はり機能や追い焚き機能があり、スタンダードな給湯器です。

給湯暖房熱源機 給湯機能と追い焚き機能と暖房機能

1台でお風呂(浴槽、シャワー)や洗面台、キッチンなど家庭内の給湯やお風呂の湯沸かし、自動お湯はりや追い焚きをすることができます。

また、床下暖房や浴室暖房、温水式衣類乾燥機やミストサウナ、システム食器洗い乾燥器などへの温水供給が可能です。

風呂釜・バランス釜
壁貫通式給湯器

浴槽内に溜めた水を沸かすための専用給湯器です。

追いだき機能のあるものや、シャワーが付いたタイプもございます。

キッチンや洗面台では使用できません。

給排気方法により設置タイプが限定される場合があります。

バランス釜は「バランス式風呂釜」のことで、主に浴室内で浴槽の横に隣接して設置されます。

従来の風呂釜と比較して、風雨による燃焼への影響が少なく給排気のバランスの良さに魅力がありますが、狭い浴槽しか設置することができません。

バランス釜の給排気部分に収まるサイズで設計された壁貫通式ガス給湯器なら、壁に埋め込んで設置するため専用の広い浴槽の使用が可能となります。

小型瞬間湯沸かし器

号数が小さく、キッチンなどのスポット給湯に使用されます。

一般家庭では湯沸かし器本体に接続されたシャワーホースからお湯を出す「元止め式」、美容室や飲食店などでは本体から離れた位置の水栓蛇口からお湯を排出する「先止め式」が設置されていることがほとんどです。

屋内に設置するため、使用の際は必ず換気する必要があります。

給湯器の「困った」に駆けつけます