>   > 

ノーリツ 給湯器のエラーコード

ノーリツ製の給湯器のエラーコード一覧です。給湯器に不調や不具合がある場合、リモコンにエラーコードが表示されている場合がございます。エラーの番号をご確認の上、下記の表を参考に適切な処置を行って下さい。頻繁にエラーが表示される、処置をしても直らない、記載されていないエラー番号が表示された場合はお気軽にお問い合わせください。

エラー番号 異常内容 処置方法・不具合の原因や故障が考えられる部品等
2 水位設定不良 再度「ふろ自動スイッチ」を押すと故障表示が消えるので、次回お風呂の自動沸かしをする際、浴槽内に残り湯が無い状態で行ってください。それ以降は残り湯があっても自動沸かしができます。
3 運転中の停電 停電後の初回E-con(一部暖房端末からの運転)暖房運転時に表示されます。
運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして表示が出なければ正常です。
・熱源機リモコンのスイッチを「入」にして下さい。熱源機リモコンを使用していない場合は再度暖房スイッチを押してOFFにして下さい。
11 給湯を連続60分以上運転
(連続燃焼タイマーカウントアップ)
給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして給湯栓を開けて下さい。再操作をして表示が無ければ正常です。
12 追い焚きを連続90分以上運転
(連続燃焼タイマーカウントアップ)
運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして追い焚き運転をして下さい。再操作をして表示が無ければ正常です。
32 浴槽排水栓の閉め忘れ 運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にすることで復帰します。浴槽の排水栓をし、再操作をして表示が出なければ正常です。
43 談防水渇水の検出 暖房水を補給して下さい。解消されない場合は修理点検が必要です。
100 耐震自動消火装置の作動 運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして再操作して下さい。表示が無ければ正常です。
(地震による場合は機器の設置場所へ行き、周囲の可燃物、機器の損傷、油漏れ、水漏れが無いか確認してから操作して下さい)
101 給排気の異常
(能力低下運転)
能力低下の状態で使用はできますが、安全のため点検を受けて下さい。10年以上給湯器を使用されている場合は製品の交換が推奨されます。
102 ふろ燃焼の異常
(能力低下運転)
能力低下の状態で使用はできますが、安全のため早めに点検を受けて下さい。
103 暖房燃焼の異常
(警告表示)
安全のため、点検を受けて下さい。
110 燃焼制御装置の非検知 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして給湯栓を開けて下さい。再操作をして表示が無ければ正常です。
オイルタンクの残量を確認し、減っていれば灯油を補給して下さい。(オイルタンクを一度殻にすると、灯油を補給してもすぐには点火しません。)
機器内部及び送油管のエアー抜きをして下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
111 燃焼制御装置の非検知 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチを「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
112 ふろ点火不良 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチを「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
113 暖房点火不良 給湯栓を閉め、運転スイッチと放熱器・床暖の運転を一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチと放熱器・床暖の運転を「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
121 給湯立ち消え安全装置作動 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチを「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
122 ふろ立ち消え安全装置作動 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチを「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
123 暖房立ち消え安全装置作動 給湯栓を閉め、運転スイッチと放熱器・床暖の運転を一旦「切」にし、ガスコンロ等、他のガス器具の点火を確認して下さい。ガスメーター、ガス元栓、オイルタンク元栓等を確認して下さい。
ガス栓が開いているか、ガスメーターがガスを遮断していないか、LPガスの場合ガスが無くなっていないかを確認し、問題があれば処置して下さい。
確認後、運転スイッチと放熱器・床暖の運転を「入」にし、表示が出なければ正常です。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
140 過熱防止装置の作動 サービスにご依頼下さい。
修理費用が高額になる場合がほとんどですので交換がおすすめ
161 給湯出湯温度異常 給湯栓を閉め、運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして給湯栓を開けて下さい。再操作をして表示が無ければ正常です。
162 自動注湯温度異常 サービスにご依頼下さい。
163 暖房温度コントロール不能 暖房配管の施工間違え、循環不良がないか確認が必要です。
床暖熱動弁の作動を確認して下さい。
解消されない場合にはサービスにご依頼下さい。
170 ドレン金具逆止弁異常 ドレン排水機構の点検が必要です。サービスにご連絡ください。
173 暖房回路漏水検知 配管の漏れ、暖房配管などの点検が必要です。
暖房配管に空気が残っていないか(エア噛み)を確認して下さい。
試運転時には電源をリセットし、解消されるか確認して下さい。
解消されない場合にはサービスにご依頼下さい。
190 ドレンタンク水位電極異常 ドレンタンクの水位電極のコネクタ接続の点検が必要です。
サービスにご依頼下さい。
193 電源・電装線地絡検出 コード類の点検が必要です。サービスにご連絡ください。
200 給湯残火安全装置作動 危険な場合がありますので、運転を中止して下さい。
サービスにご依頼下さい。
ガス給湯器や湯沸し器の交換取り付けはご連絡下さい
252 ふろ水流スイッチの異常 サービスにご依頼下さい。
290 中和器の異常 中和器の点検が必要です。サービスにご連絡ください。
300 F点サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
310 F点サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
311 給湯入水サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
312 ふろサーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
313 暖房低温サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
321 給湯出湯サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
322 ふろ出湯サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
323 暖房高温サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
331 給湯缶体サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
332 高温検知サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
342 沸騰防止サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
350 オイルサーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
351 貯湯缶体サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
360 給気サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
390 排気サーミスタの異常 サービスにご依頼下さい。
391 バーナーセンサーの異常 サービスにご依頼下さい。
392 ふろバーナーセンサーの異常 サービスにご依頼下さい。
393 暖房バーナーセンサーの異常 サービスにご依頼下さい。
411 給湯水量センサ異常 サービスにご依頼下さい。
応急的にお湯はりをするには、蛇口から浴槽に水で落とし込んで、追い焚きで沸かしてください。
412 注湯水量センサ異常 サービスにご依頼下さい。
430 ドレンタンク水位電極異常 ドレンタンクの水位電極のコネクタの接続の点検が必要です。サービスにご依頼下さい。
432 水位センサ異常 サービスにご依頼下さい。
433 暖房水位電極異常 サービスにご依頼下さい。
510 ガス電磁弁異常 サービスにご依頼下さい。
520 制御弁、サブ基板異常 サービスにご依頼下さい。
540 二方弁異常 サービスにご依頼下さい。
542 三方弁異常 サービスにご依頼下さい。
543 暖房回路漏水検知(多量) サービスにご依頼下さい。
562 ふろ自動注湯流量異常 給水元栓が開いているか、蛇口から水が出るか(断水や水道凍結していないか)を確認して下さい。運転スイッチを一旦「切」にし、再度「入」にして再操作して下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
563 暖房熱動弁異常(自動試運転時) サービスにご依頼下さい。
570 三方弁異常 サービスにご依頼下さい。
580 浴槽三方弁ユニット異常 ・浴槽三方弁ユニットの点検が必要です。
サービスにご依頼下さい。
610 燃焼用ファン異常 サービスにご依頼下さい。
611 給湯燃焼ファン異常 サービスにご依頼下さい。
612 ふろ燃焼ファン異常 サービスにご依頼下さい。
613 暖房燃焼ファン異常 サービスにご依頼下さい。
632 ふろ循環不良 運転スイッチを一旦「切」にし再度「入」にしてから、浴槽のお湯(水)を循環アダプターより上まで入れて追い焚きして下さい。
循環アダプターのフィルターが詰まっていれば掃除が必要です。
フィルターが正常に取り付けられているかを確認して、再操作して下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
640 ドレンポンプ異常 ドレン排水ポンプの点検が必要です。
サービスにご連絡ください。
642 ふろポンプ異常 ふろ循環ポンプの点検が必要です。
サービスにご連絡ください。
643 暖房ポンプ異常 サービスにご依頼下さい。
651 水量サーボ異常 サービスにご依頼下さい。
652 流量調整弁異常 サービスにご依頼下さい。
661 バイパス水量サーボ異常 サービスにご依頼下さい。
700 電装基板異常 リモコン型番が適合しているか確認して下さい。
電源をコンセントから抜き挿しして動作確認を行って下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
給湯器の交換や取り付け工事はこちらへ
710 燃焼制御回路 サービスにご依頼下さい。
720 燃焼制御回路異常 サービスにご依頼下さい。
721 給湯立ち消え安全装置回路異常 サービスにご依頼下さい。
722 ふろ立ち消え安全装置回路異常
723 暖房立ち消え安全装置回路異常
燃焼検出装置系統異常
サービスにご依頼下さい。
730 電装基板設定異常 電源をコンセントから抜き挿しして動作確認を行って下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
733 Eコン地絡 電源をコンセントから抜き挿しして動作確認を行って下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
738 デップスイッチ途中切替異常 サービスにご依頼下さい。
760 リモコン伝送異常 電源をコンセントから抜き挿しして動作確認を行って下さい。
解消されない場合はサービスにご依頼下さい。
763 インテリジェント通信不良 サービスにご依頼下さい。
764 暖房端末機器側不良 エラー発生する暖房機器の型式を、ご確認の上サービスにご依頼下さい。
800 オイルセンサー作動 オイル漏れの恐れがあります。直ちに使用を中止し、サービスにご連絡ください。
901 給湯燃焼異常(出力低下) サービスにご依頼下さい。
使用年数によっては寿命の可能性もあります。
902 ふろ燃焼異常/高温検知 サービスにご依頼下さい。
使用年数によっては寿命の可能性もあります。
903 暖房燃焼異常(警告表示、燃焼停止) サービスにご依頼下さい。
910 浴槽三方弁ユニット接続異常 浴槽三方弁の点検が必要です。
サービスにご依頼下さい。
920 中和器寿命予告 中和器の寿命が近づいています。サービスにご依頼下さい。
930 中和器寿命告知(機器停止) 中和器の交換が必要です。サービスにご依頼下さい。
991 ふろ燃焼異常(機器停止) サービスにご依頼下さい。
使用年数によっては寿命の可能性もあります。
992 給湯燃焼異常(機器停止) サービスにご依頼下さい。
使用年数によっては寿命の可能性もあります。
993 暖房燃焼異常(機器停止) サービスにご依頼下さい。

不具合のある給湯器を無理に使用すると、熱効率が悪化しているのでガス代や水道代が高くなることがあります。また、ガス漏れや漏電、不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの事故に繋がる場合がございます。ガス臭い・焦げ臭いニオイなどの異臭、ススや黒い煙の発生、ゴォー・ボンッ等の異音、本体がガタガタと異常に振動する場合は危険ですので使用を中止して下さい。水猿は給湯器の交換や設置に最短即日対応が可能ですので、お気軽にご連絡ください。

給湯器の「困った」に駆けつけます