1. 給湯器交換の水猿
  2.  > 
  3. 給湯器の選び方
  4.  > 
  5. オート・フルオートについて

オート・フルオートについて

オートとフルオートの違いって?

追い焚き付きのふろ給湯器は「オート」と「フルオート」の2種類があり、性能が異なります。

給湯器を交換する際にお問合せいただくことの多いこの2種類の性能についてご紹介いたします。

ご自身の生活スタイルやご希望に合った給湯器お選び下さい。

ノーリツでは、新機種から「オート」を「シンプル」、「フルオート」を「スタンダード」に呼称が変更されました。

オート(シンプル)

お湯はり、追いだき、保温が自動

オートの説明図

オートはリモコンでの操作後、設定温度で設定湯量を自動でお湯はりします。

オートは残り湯を検知しないので、足し湯では設定の湯量が追加されます。

浴槽内のお湯の温度を一定時間ごとにチェックし、お湯が冷めていれば自動で追い焚き保温。

湯量が減った場合、手動でリモコンのスイッチを操作して、設定した湯量で足し湯を行います。

フルオート(スタンダード)

お湯はり、追焚、たし湯、配管洗浄が自動

フルオートの説明図1 フルオートの説明図2

フルオートはリモコンでの操作後、設定温度で設定された水位まで、自動でお湯はりをします。

フルオートには水位センサーがあり、残り湯を検知するのでお湯の入れすぎを防ぎます。

また、水位より湯量が減ると、自動足し湯機能が働き設定水位までお湯を自動で追加します。

浴槽内のお湯の温度は一定時間ごとにチェックされ、冷めていれば自動で追いだきを行います。

配管の自動洗浄とは

フルオートの自動配管洗浄の説明図

追い焚きは浴槽内のお湯を追い焚き用の配管に循環させてお湯を温め直しています。

配管内には水垢や入浴剤や皮脂なども流れてしまうので、汚れが残ってしまいます。

フルオートでは残り湯を排水するのに栓を抜くと、自動で配管内に新しいお湯が流れて汚れを洗浄。

清潔なお湯で毎日の入浴を楽しむことができます。

配管内は雑菌の温床になりやすい

追い焚きは浴槽内のお湯を循環させて給湯器まで運んで温め直します。

配管内には皮脂や湯垢や髪の毛、大腸菌や黄色ブドウ球菌なども流れ込んで配管の壁に付着してしまいます。

人が快適に入浴できるお湯の温度と雑菌が繁殖に適している温度はほとんど同じのため、追い焚き後に一晩おいたお湯の雑菌数は数万倍にも増殖する場合もあるのです。

健康な人であれば影響は少ないですが、免疫力の低いお子様や高齢のご家族がいる、アトピーや肌荒れが気になる、毎日清潔なお風呂に入りたいならフルオートへの交換がおすすめです。

入浴検知による自動沸き上げ

入浴検知による自動沸き上げの説明図

ご家族の人数が多いご家庭や長湯を楽しまれた際、気付いたら「お湯がぬるい!」なんてことはありませんか?

フルオートは人が湯船でお湯に浸かったことを検知する機能があり、お湯が冷めるとリモコンの操作をしなくても自動で設定温度まで追いだきを行います。

2番目以降の入浴や冬場の冷えた体での入浴でも自動で素早くお湯を沸きあげるので、快適な温度でお風呂を楽しむことができます。

交換はどちらがおすすめ?

性能の異なるオートとフルオートですが、どちらが良いかは一概には言えません。

給湯器は約10年にわたって使用する機器ですので、ご自身やご家庭でのお湯の使用状況、ご予算に合わせたタイプを選ぶようにしましょう。

オートへの交換がおすすめの方

  • 家族人数が少ない
  • 交換にかかる費用を抑えたい
  • 毎月の水道代やガス代などの光熱費を節約したい
  • 残り湯の沸かし直しはあまりせず、毎日お湯を張り替えることが多い

オートはフルオートより機能が少ないため、初期費用が安くランニングコスト(運用費用)も抑えることが出来ます。

足し湯は手動で行う必要がありますが、スイッチを押すだけですので好きなタイミングでお湯を追加できます。

基本性能であるお湯はりと追い焚きがあれば良い、料金を抑えたい、家族人数が少なく自動足し湯機能にメリットを感じないのであれば、オートがおすすめです。

フルオートへの交換がおすすめの方

  • 家族人数が多い
  • 残り湯の沸かし直しをする
  • ニキビやアトピー、湿疹など肌荒れの予防をしたい
  • 小さい子や高齢者がいるため感染症に気を付けたい
  • 2番目以降の入浴でも、お湯の量や水位を気にせず湯船に浸かりたい

フルオートは自動足し湯機能が浴槽内のお湯を一定量に保つため、大人数のご家庭でも快適な入浴を楽しめます。

水圧による水位検知センサーがあるため、残り湯の沸かし直しもしやすくなっています。

足し湯や保温は自動機能をオフにして手動に切り替えが可能ですので、使わない際には設定を変えておくと良いでしょう。

オートとの価格差は1万円前後ですので、便利さや衛生面で選ぶならフルオートがおすすめです。

ノーリツではさらに高性能なプレミアムタイプもあり、残り湯のUV除菌や入浴事故防止など便利な機能が多数搭載されています。詳しくは「GT-C62シリーズのご紹介」をご覧ください。

追い焚き付きガス給湯器のおすすめ商品

オートタイプ

ノーリツ リンナイ

フルオートタイプ

ノーリツ リンナイ 給湯器の交換や取り付け工事は水猿におまかせください
給湯器の「困った」に駆けつけます