>   > 

エコジョーズの交換は水猿

エコジョーズに交換で光熱費を節約!

日々の光熱費を安く抑え、環境にも配慮できる省エネ型給湯器の「エコジョーズ」。

従来型の給湯器より熱効率が約15%アップ、待機電力は約40%も削減できるためガス代や電気代を安く抑えることができるのです。

環境やお湯の使用頻度などにも左右されますが、4人家族で24号サイズを使用していた場合、エコジョーズ給湯器なら従来型より年間約18,000円以上も光熱費の節約が期待できます。

お使いの従来型ガス給湯器が故障した際には、エコジョーズへの交換がおすすめです。

エコジョーズは、何でエコ?

これまでの給湯器は1度の加熱でお湯が作られており、余った熱は大気中に捨てられていました。

エコジョーズではその排熱エネルギーを回収して再利用、2回に分けて加熱を行うので、少ないガス量でも効率よくお湯を沸かすことができるのです。

従来の給湯器と同じ量のお湯を沸かす時に必要なガス量が少なくて済むため、ガス代を節約することができます。

また、CO2の排出量も削減するため家計だけでなく環境に対する負荷も少ないと言えます。

使用期間が長い給湯器だからこそ、エコジョーズがお得

エコジョーズは機器内部が複雑なため、導入時の初期費用(イニシャルコスト)は、従来の給湯器より上がります。

しかし、ガスの使用量が少なくなる分、年間の運用費用(ランニングコスト)を抑えることができます。

従来型との価格差は、通常使用下ならおよそ2年で回収することが可能です。

給湯器の寿命は使用環境にもよりますが平均で10年から15年ほどですので、長く使うことを考えるとトータルコストが低くなるエコジョーズへの交換がお得になると言えます。

以下に当てはまるならエコジョーズへの交換がオススメ!

  • 家族人数が4人以上、お湯をたくさん使う
  • 毎日湯船につかる、シャワーを浴びる回数が多い
  • ガス代の高さが気になっている、少しでも光熱費を抑えたい
  • 床下暖房や浴室乾燥、食器洗い乾燥機など温水暖房端末を使用している
  • ガス種がプロパンガス(LPガス)である

エコジョーズはお湯の使用量が多いほど、従来型より光熱費を抑えることが出来ます。

号数でいうと、20号、24号サイズの給湯器をお使いでしたら十分に節約効果は発揮できるでしょう。

特に都市ガスと比べて割高なプロパンガス(LPガス)では、使うガスの量が少し変わるだけでも毎月のガス料金に大きく影響しますので、効果が大いに期待できると言えます。

また、環境保全にも配慮されていますので、我慢せずにいつも通りお湯を使っていてもエコに貢献できます。

節約効果が期待できないことも

  • 1人暮らし、少人数のご家庭などお湯の使用量が少ない
  • お風呂はシャワーのみで済ませることが多い
  • 一部のPS設置型では取り付け不可

お湯の使用量、つまりガスの使用量が少ないとエコジョーズの恩恵はあまり期待できないと言えます。

エコジョーズは従来型より本体価格や工事費の値段が高くなりますので、価格差の回収が見込めない、交換費用を抑えたい場合は従来型ガス給湯器がおすすめです。

また、マンションやアパート等では管理規約や設置状況によって設置できない、設置費用が高額となる可能性があります。

ノーリツのおすすめエコジョーズ商品へ リンナイのおすすめエコジョーズ商品へ

エコジョーズの解説

エコジョーズの仕組み

エコジョーズ給湯器の説明図

従来の給湯器では水を加熱する熱交換器は1台だけでしたが、エコジョーズは熱交換器を2台搭載しており配管も延長されています。

従来型では排気していた熱を回収して二次熱交換器で予熱として水を温めます。

そのため、これまでの給湯器より少ないガスで今までと同じ量のお湯を作ることが出来るのです。

エコでお得なエコジョーズ

熱効率が80%から95%までアップ

熱効率が80%から95%までアップ

従来の給湯器の熱効率は80%で、残り20%は排気熱として大気中に捨てるしかありませんでした。

エコジョーズはその余った排気熱をリサイクルすることで熱効率95%を実現し、エネルギーのほとんどを無駄にせず使用することができます。

CO2の排出量を15%カット

CO2の排出量を15%カット

従来の給湯器と比較すると、地球温暖化の一因であるCO2の排出量が15%削減されました。

年間275kg-CO2、約18本の杉の木が年間で吸収するCO2量に相当します。

ガス使用量を年間15%カット

ガス使用量を年間15%カット

本来捨てるはずの排気熱を回収し再利用しているため熱効率が上がり、必要なガスの量が15%カットされました。

200万世帯がエコジョーズを使用すると、年間でタンカー一隻分のガスを節約することができます。

エコジョーズに交換するメリット

お湯の飲用ができる

エコジョーズは瞬間湯沸し式なので、好きな時に必要な量だけお湯を沸かします。

お湯はいつでも沸かしたてで清潔だから、飲用も可能です。

エネルギーを無駄にしない

エコキュートなどの貯湯式では、作られたお湯は屋外のタンク内に貯められるため外気温の影響で放熱ロスが発生してしまいます。

エコジョーズは瞬間式なので放熱ロスはほとんどありません。

また、作ったお湯が余る、作ったお湯が足りずお湯切れを起こす心配もありません。

本体はコンパクトで丈夫な設計

瞬間式タイプであるエコジョーズは本体サイズがコンパクトで省スペースなため、マンションのベランダなどにも比較的容易に取り付けることができます。

また安全性や耐久性にもこだわりを持って設計されており、丈夫でサビにも強く長持ちする構造となっています。

貯湯式では専用タンクのサイズが大きく重量もあるため、設置場所の確保が必要なだけでなく土台によっては補強が必要となります。

デメリット

従来型より費用が高くなる

エコジョーズは機器内部が複雑ですので本体価格が高額となり、またドレン排水処理の工事費用も発生します。

長期的な運用で合計金額は従来型より安くなりますが、交換そのものの費用が高くなる点に注意しましょう。

エコジョーズに買い替えることで節約効果が期待できる・従来型との価格差の回収が見込める場合に交換することをおすすめいたします。

電気や石油の給湯器に比べて節約効果が低い

電気や灯油を使う給湯器は、ガス給湯器よりもランニングコストに優れています。

ヒートポンプ式電気給湯器のエコキュートは、電気代が安くなる深夜電力を使用してお湯を沸かしますので節約効果が非常に高いと言えます。

石油給湯器は給油が必要ですが、燃料である灯油はガスと比較して毎月かかる料金は低価格です。

ドレン排水工事が必要

エコジョーズは給湯器内の配管にドレン排水と呼ばれる酸性の結露水が発生するため、雨水と同じ様に処理しなければなりません。

雨樋や汚水桝へと排出するための管を作成するドレン配管工事が必要です。

ドレン排水管の工事について

ドレン排水は雨水立て管や汚水桝などへドレン用の配管を合流したり、側溝や排水口に直接流すようにします。

戸建てでは特に問題なく工事が出来る場合がほとんどですが、集合住宅では工事が出来ない場合もございます。

マンションなど集合住宅ではドレン水を排水口に流す方法の他に、追い焚き配管に回路を切り替える三方弁を取り付けてタンク内に溜めたドレン排水を浴室の排水溝に流す三方弁切替方式、追い焚き配管を使わずドレン用配管を直接浴室まで伸ばして排水を処理するドレンアップ方式などを用います。

また、エコジョーズを取り入れた集合住宅ではドレン排水用の配管が設置されている場合もあります。

いずれの場合も現地調査後に施工可否の判断や、どの方式で工事を行うかを決定致しますのでお気軽にお問合せ下さい。

ノーリツのおすすめエコジョーズ商品へ リンナイのおすすめエコジョーズ商品へ

エコジョーズへの交換はこちらがオススメ!

ノーリツ製品

オートタイプ

フルオートタイプ

リンナイ製品

オートタイプ

フルオートタイプ

給湯器の交換や取り付け工事は水猿におまかせください
エコジョーズ給湯器の交換はおまかせください。