1. 給湯器交換の水猿
  2.  > 
  3. 給湯器の選び方
  4.  > 
  5. エコウィルからエコジョーズへの交換
故障したエコウィルはエコジョーズへの交換がおすすめ

故障したエコウィルを交換するなら、ガス風呂給湯器のエコジョーズがおすすめです。

給湯器交換の水猿では、温水暖房付き、オート、フルオートなど各種格安価格でご提供しております。

床暖房や浴室乾燥をあまり使わなくなった、できるだけ交換費用を抑えたい場合には、暖房機能のない通常のエコジョーズへの買い替えもおすすめです。

号数は16号・20号・24号、壁掛型や据置型ほか様々なタイプのエコジョーズ給湯器をご用意しておりますので、商品選びでお悩みの際はお気軽にお問い合わせください。

エコウィルからエコジョーズへの交換でおすすめのプランを紹介します

暖房が3ヵ所以内の場合

24号・屋外壁掛型・エコジョーズ・暖房3系統の給湯器 オートは316,000円(税抜) フルオートは336,800円(税抜)

内訳

本体価格
オート(定価) 388,000円
→水猿特別価格! 107,500円
フルオート(定価) 420,000円
→水猿特別価格! 128,300円
その他
マルチリモコン
セット
33,000円 エコウィル
撤去工事
90,000円
据置台 13,200円 ドレン排水工事 5,000円
部品代 17,300円 標準取付工事費 50,000円
10年工事保証 0円

※全て税抜き

注意事項

暖房が6ヵ所以内の場合

24号・屋外壁掛型・エコジョーズ・暖房6系統の給湯器 フルオートは353,200円(税抜) オートは356,000円(税抜)

内訳

本体価格
オート(定価) 450,000円
→水猿特別価格! 153,700円
フルオート(定価) 482,000円
→水猿特別価格! 156,500円
その他
マルチリモコン
セット
33,000円 エコウィル
撤去工事
90,000円
据置台 13,200円 ドレン排水工事 5,000円
部品代 8,300円 標準取付工事費 50,000円
10年工事保証 0円

※全て税抜き

注意事項

暖房機能が無い場合

24号・屋外壁掛型・エコジョーズ・床暖房機能のない給湯器 オートは260,000円(税抜) フルオート276,000円(税抜)

内訳

本体価格
オート(定価) 341,000円
→水猿特別価格! 80,800円
フルオート(定価) 386,000円
→水猿特別価格! 96,800円
その他
マルチリモコン
セット
33,000円 エコウィル
撤去工事
90,000円
据置台 13,200円 ドレン排水工事 5,000円
配管処理 5,000円 標準取付工事費 33,000円
10年工事保証 0円

※全て税抜き

注意事項

エコウィルとは

エコウィル

エコウィルは、1つの熱源から電気と熱を同時に作ることでエネルギー効率を高める「コージェネレーションシステム」によって効率的に電気とお湯を作ります。

ガスを燃料としてエンジンを動かして発電させ、その際に発生した熱で給湯や暖房で使うお湯を沸かして貯湯タンクに貯めておくのです。

エネルギーの利用率は92%と高く従来の電気供給システムの約2倍。

しかし、導入や交換費用が高額、上手に使うにはコツがいる、貯湯タンクが置けるスペースが必要、3年ごとの定期点検が必要などのデメリットがあり、エコジョーズの根強い人気やエネファームの発売などにより徐々に出荷台数が低下し、2017年9月30日をもって新規発売が終了しました。

エコウィルを交換するなら、エコジョーズがおすすめ

省エネ型温水暖房付きガス給湯器のエコジョーズ

シャワーやキッチンなどへの給湯、お風呂のお湯はりや追い焚き、床暖房や浴室乾燥機など温水暖房の使用なら、省エネ型ガス給湯器のエコジョーズへの交換がおすすめです。

発電機能は無くなりますが、交換や導入費用は他のエコ給湯器と比較しても格段に安くなります。

エコウィルはタンク内のお湯がいっぱいになると発電しなくなるため、エコウィルで電気代の節約効果が感じられなかったという方はエコジョーズへの買い替えがおすすめです。

また、できるだけ交換費用を安くしたい、入浴や家事のほか温水暖房を快適に使ってガス代を節約したい場合も同様です。

エコジョーズは従来型のガス給湯器と数万円程度の差で購入することができ、ガスの使用量やCO2の排出量も削減します。

エコジョーズに交換するメリット

費用が安い

エコジョーズの交換費用は安い

古くなったエコウィルを交換する際には、同じくエコ給湯器の中から交換機種を選ぶという方がほとんどです。

エコウィルは販売が終了したため、現在人気のエコ給湯器はエコジョーズ、エネファーム、エコキュート。

エコウィルを買い替える場合、この3種類なら群を抜いて交換費用を低く抑えられるのがエコジョーズなのです。

エコウィルからの交換費用は概算で、エコジョーズなら25万~40万円、エネファームなら130万~180万円、エコキュートなら40万~80万円ほどとなります。

エコジョーズ以外は貯湯タンクが必要なので、そもそもの導入費用が高額ですし、構造も複雑なため故障した時の修理代金も高額になる場合があります。

安価でエコ給湯器を選ぶなら、エコジョーズへの交換がおすすめです。

貯湯タンクが不要になる

エコジョーズは貯湯タンクを設置する必要がないため、導入や交換の費用が貯湯式と比べて格段に安くなります。

タンクが無いので場所を取らず見た目はスッキリ、工事時間も短時間となります。

瞬間式の給湯器なのでお湯切れの心配はなく、お湯はいつでも沸かしたてで清潔なため飲用も可能です。

デメリットは発電機能がなくなる

エコジョーズは給湯やお湯はり、追い焚きや温水暖房などガスを使ってお湯を沸かす能力に優れています。

発電機能は無いので、電気をたくさん使うご家庭など発電をメインに考えるならエネファーム、更にランニングコストを減らしたい場合にはエコキュートがおすすめです。

エコジョーズのおすすめ商品

オートタイプ
フルオートタイプ
その他のエコジョーズ給湯器はこちら
エコジョーズ ノーリツの温水暖房付き給湯器一覧へ エコジョーズ リンナイの温水暖房付き給湯器一覧へ
ノーリツの格安エコジョーズ商品へ リンナイの激安エコジョーズ商品へ

月々の光熱費を減らしたいならエコキュート

エコキュート

エコキュートは空気の熱と電気をエネルギーとする省エネタイプの給湯器です。

大気中の熱を集めて自然冷媒である二酸化炭素と結合させ、ヒートポンプユニット内部にて圧縮し、熱を低温から高温に変化させます。

圧縮された自然冷媒の熱を水に伝えることによって、温度の高いお湯を作ることができるのです。

空気中の熱は、風力・水力・太陽光などと同じで自然界に常に存在する枯渇の心配がない再生可能エネルギーですので、石油や石炭などの化石燃料や鉱物といった枯渇性資源と違って環境に優しいエコロジーな燃料です。

ランニングコスト(運用費用)はガス給湯器の約5分の1となるため、「毎月のガス代の高い」、「光熱費を抑えたい」という方におすすめです。

エコキュートに交換するメリット

エコキュートは電気代の安い深夜電力を利用してお湯を作るので、光熱費を各段に抑えることが出来ます。

交換費用をなるべく安く済ませてエコ給湯器を買い替えるならエコジョーズがおすすめですが、月々の光熱費を抑えるならエコキュートがおすすめです。

ガスは使用しないので、IHコンロやヒーターと併せて使うとガス代を0円にすることも可能です。

学習機能があり必要となるお湯の量を自動で調節するため、無駄なお湯は作らず電気代も自動で節約。

災害などの非常時に、タンク内に貯めてある水を生活用水として使用することが出来るという利点もあります。

エコキュートのデメリット

エコキュートはお湯を作るヒートポンプユニットと作られたお湯を貯蔵・保温しておく貯湯タンクがセットとなっていますので、イニシャルコスト(初期費用)が高額となります。

空気の熱を利用してお湯を沸かすため、気温の高い夏場と比較して冬は電気代が上がります。

お湯はタンク内に貯まっている分のみが使えますので、お湯をたくさん使うとお湯切れを起こす可能性があります。

貯湯タンクの容量はメーカーによって異なり、180リットルから560リットルなどいくつかタイプがございますが、人数が多いご家庭やお湯をふんだんに使いたい場合にはお湯が足りなくなるため不向きといえます。

タンクはサイズが大きく設置場所の確保が必要となり、低周波騒音が発生するため密集した集合住宅では設置に注意が必要です。

エコウィルからエコキュートへの買い替え、古くなったエコキュートの取り換え、ガス給湯器からエコキュートへの交換には現地調査が必要です。

メーカー取り寄せのため調査から最短3日後の交換工事が可能です。エコキュートの交換やガスコンロからIHクッキングヒーターの取り付けなどオール電化に関する工事もお気軽にご相談ください。

効率的な発電を考えるならエネファーム

お湯や電気をたくさん使い、ご自宅内に発電システムを取り入れたい場合はエネファームがおすすめです。

エネファームはガス(水素)を利用した家庭用燃料電池コージェネレーションシステムで、エコウィルと同じく発電と給湯を自宅で行うことができます。

燃料電池ユニットでガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させ、電気を作ります。

発電能力と費用対効果の高さがメリット

エネファームはエネルギー効率に優れており、太陽光発電との併用なら自宅で使う電力の大部分を賄うことができるため電気代が大幅に節約できます。

自宅発電なので送電ロスがほとんどありませんし、大阪ガスの供給エリア内ならエネファームtypeSで余った電力を買い取ってもらうこともできます。

さらに設置には補助金が出る、ガス会社によってはエネファーム専用の料金体系があるなどのメリットもあります。

電気をたくさん使うご家庭ならエコウィルからエネファームに交換すると、高い費用対効果が見込めるでしょう。

交換費用が高額、余剰電力は一部地域で買取不可などのデメリット

製品価格自体が高いため助成金が適用されても費用は高額となります。

当社がエコジョーズを推奨しているのは、エネファームとエコジョーズとの価格差は5倍以上になる場合もあるからです。

エネファームはエコウィルと同じで定期メンテナンスが必要、貯湯タンクの設置に場所をとるといったデメリットもあります。

また、東京ガスの供給エリアは太陽光発電の余剰電力しか買い取っていませんので、地域によっては売電が期待できないことも注意しなければなりません。

弊社はエネファームの交換や設置工事は対応しておりませんので、工事はお住まいのガス会社様にお問い合わせください。

エコウィルからエコジョーズの交換は水猿におまかせください
給湯器の「困った」に駆けつけます